約16年間、長い間私たちの家族の一員として過ごした愛犬トムが、急な体調不良からあっという間に天国へ行ってしまいました。一時パニックになり、家族みんなが数日間泣き暮らし、看取り方にも後悔が残る日々でした。
トムが居なくなった現実を受け止めるには、本当に時間がかかりそうで…トムに聞きたいことが溢れ出て、トムの想い、トムの心の声が聞ければ、少しは気持ちの整理がつくんじゃないかという思いが湧いてきました。あつこさんのサイトをたまたま見つけ、直感でこの方にお願いしよう!と思いました。
私たち家族しか知り得ないトムの心に残る想い出、トムを亡くしてから私の精神状態を、トムの声を通してズバリ仰って頂き、セッション中にも関わらず涙が溢れてきました。
1番気がかりだった、”トムの最期の看取り方”をどう思ってるか聞いて頂きました。トムはそんな事よりも、残された私たちの家族の事を心配していると知り、亡くなった後でもトムが私たち家族に教えてくれる「愛のカタチ」は本当に本当に深くて大きいなぁと、あつこさんのセッションのお陰で改めて知る事が出来ました。
こんな素晴らしいセッションに、トムの生前に出会っていたら…と思ってしまいます。
これからは弟分の愛犬ジムに、これまで以上に親身に寄り添い、残された時間を共に大切に過ごそうと思っています。
人間同士の愛の学びとは、ペットを通じて学ぶ愛は全く別物なんだと思います。縁があって飼い主の元へやってくる、物言えぬ動物たちの声を聞けたら、日々の互いのコミュニケーションはもっと深いものになると、心から思います。
よりたくさんの動物たちが幸せな日常を送れますように。

               

 

ブブとの出会いは2001年。友人から引き取ったブブは飼い始めてすぐにきちんとしつけされてないことが分かり、何度も噛まれ、カーペットにはおしっこばかりしていました。

 

最期を送ったこのハワイ島で大好きな人に囲まれながら充実した日々を送っていたと聞き、その言葉だけで十分嬉しかったです。

 

あつこさんにセッションしていただいて、目の前がぱっと明るくなり、希望がもてました!!
魂の存在を改めて実感しました。ありがとうございました。

        

 今日のセッションはワンちゃんを飼われている飼い主さんの元へ通った野良猫ちゃんとのセッションでした。

2か月前、いつものように道端で会った時、自分の前で車に引かれるという事故に遭い、突然天国へ行ってしまった野良猫のきいろみちゃん。

なんで、こんなことが自分の前で起こったのか、とても苦しんでおられた飼い主さん。

飼い主さんがセッションを受けられてみて、ご感想をシェアーしてくださいました。

 

 

きいろみとのこと。

アニマルコミュニケーションしていただきました。

きいろみ死んじゃったこと
あんまりわかってないんだってさ。
体なくても、いっかって。

飼い主って 思ってくれてるんだって。
すっごい幸せだってあたしが寝てる顔の横で一緒に寝てるんだって
足元にくっついてるって。

なんか すごーく スッキリした気持ちになりました。

今も楽しんでてちゃんと うちに帰ってきてくれてるきいろみ。

きいろみのお願い了解したからね♪

Atukoさんありがとうございました。

きいろみ、お話ししてくれてありがとう♪


              飼い主様のご感想

 

感想と感動を伝えたくメール致しました。
ピータと話せた時間はあとで思い出して素晴らしいひとときでした。
私の両親も旦那にも伝えましたが、とても驚いてました。
そして、二三年でまた会えるんだね、よかったねと言ってくれました。

 

みかんが好きだったといったこと、私が一番驚いてます。
亡くなる二ヶ月は特にピータが嬉しそうに食べるから、よくみかん買ってました。

そして、やはり、丸い鏡も使っていたんです。いまは、ないので、ないといってしまいましたが、とっても気に入ってたんです!長い間、両面の丸い鏡を愛用してました。家族にいわれ思い出しました。
もちろん、大きな細長い鏡も気に入っていて愛用してました。

そして、キューちゃんは少し緑が入ってると母がいうのでよく見ると入ってるようです。
ータはそして、よく母と台所で水浴びをしてました。

父は紙で遊んだ記憶はないけど、母が父とピータが紙で遊んでたのを覚えてるそうです。

本当にありがとうございます。
ピータからの私へのメッセージなどとても嬉しかったです。ノートに書き留めて励みにしていこうと思います。