このたびは故ナナとの生前のアニマルコミュニケーションをしていただき、本当にありがとうございました。

 

アニマルコミュニケーションは916日、1026日、118日、128日、1228日の5回受けることができました。

 

これらがなかったら、もっと心残りなお別れになっていたことと思います。もっと元気なときから、アニマルコミュニケーションをお願いしていたらよかったのにと思いますが、それでも今回、少しでもナナの気持ちを受け取ることができ、本当にうれしく、幸せに思います。

 

ナナとのアニマルコミュニケーションは、まずは食道廔の是非について、ナナの気持ちを聞けたことがとても心強く思いました。これで迷いが吹っ切れました。ナナの姿が刻一刻と変わっていくときに、ナナの本質は変わらずそこにいると感じつつも怯むこともある私でしたが、アニマルコミュニケーションでナナの気持ちを確かめられると、勇気がわき、ナナのことをより一層いとおしく感じられました。心強かったです。

 

そして、ナナの要望を聞くことができ、それに応えることができるのが何よりの喜びでした。加湿器や毛布、キャリーを替えたり、いろいろ工夫できることがうれしかったです。膝の上に抱っこはしても、胸の上に抱き上げることは苦しそうで遠慮していた私ですが、最後の最後で、ぬくもりを感じていたいという要望を聞くことができて、キルティングのバッグに入ったナナの体温を横腹辺りに感じながら最後の時間を過ごせたこと、本当に心から感謝いたします。

 

愛猫との最後の時間を、愛猫にとって望む形に近づけられたのではないかと感じられることです。特に最後の日に袋に入れて体温を感じた状態で仕事をしているときに亡くなったことが、死は悲しかったけど、死に方が嬉しかった。これは水野さんのおかげで、一生感謝してもしきれない思いです。

 

もっと早くナナの気持ちに気づけたらと思いもしますが、いまの私にできることはこれくらいのことだったのだと思うようにしています。思い返すと、ナナはそのときそのとき出来うる最高の形でわたしに愛情表現をしてくれました。できることが刻一刻と変わっていきましたが、そのときそのときがいつも最高に幸せなんだなぁと思いました。

 

本当にありがとうございました。


 

セッションを受けてみて一番驚いたのは、話してなくてもさくらをペットショップで飼うと決めた時の様子、さくらの散歩中の走るような歩き、娘とさくらのごはんの取り合い、さくらの細かな様子など全てお話されたこと!
たくさんの質問をした中で面白かったのは、さくらは娘の頼もしい姉と自信満々なこと笑
そしてさくらが娘が生まれてから嫉妬してないか親ながら不安でしたが、家族として姉として笑!娘の育児のお手伝いしてくれてるそうです(o^^o)さくらの気持ちをたくさん知れたこと、本当に貴重な時間でした。

さくらからのリクエストも聞けたことも嬉しかったです。

 

あつこさんのセッションを後から、家族みんながより一層さくらに対しての感謝が自然と溢れて、さくらの気持ちを尊重して生活するようになりました。 大切な家族としてさくらの親として、これからも仲良くしてゆきたいです。

こんな体験ができて本当に幸せです!あつこさん、ありがとうございました!
さくら、これからもずっとよろしくね!

かけがえのない存在、千夜子と私を繋いでくださったあつこさんに心から感謝しています。 セッション後、あれから千夜子はますますよく私の言うことを理解するようになったように感じますし、私も彼女に分かるように、何でも口に出して話しかけるようにしています。 この間、あつこさんが来てくださったときに撮ったショットは今までになく落ち着いて摂らせてくれたので、今までのことを思うと信じられないくらいです。


 

 この度は、ライフとのコミュニケーションをありがとうございました。

ライフは3回も飼い主が変わり、誰もが可哀想な犬だと思っていました。

ご縁あって、私はライフの飼い主になることができてとても嬉しく思っています。

 

ライフはノミやダニの疑いがあり、動物病院で色々なアレルギーテスト、シャンプーをしたけれど、皮膚の状態がなかなか良くならなかったためその理由を知る為にこの度アニマルコミュニケーションをお願いしました。

 

ライフが教えてくれました。ノミやダニが原因ではなく、酸化したドックフードが原因でした。あのコミュニケーションから2年たち私たちはライフに与えるドックフードを以前よりも質のいい成分が入ったドックフードに変えました。皮膚の状態はあんなに悩んでいたのがウソのようにきれいになっています。

 

そして、ライフと仲が悪かった猫のデイジーはデイジーの要望通り、独身の女性で他の動物がいない私の友達に引き取ってもらいました。もし、このコミュニケーションがなかったらここまで私たちの生活もスムーズには行ってなかったかもしれません。本当にありがとうございました。