♡プロフィール♡


動物たちの想いを伝えるスペシャリスト
Atsuko-Nonohina
アニマルコミュニケーションとの出会いそれは自分の動物たちが病気になり、この世を去った時、何もできなかった、助けられなかったという思いからだった。もし、動物たちと会話が出来たら、どんなに良かったかといつも心の中で思っていた。
 
2006年に日本で大学を卒業後、アメリカの大学へ編入。カンザスで3年間英語、アート、マスメディアを学び2009年にアートの学士で卒業。その後、今まで興味のあったビジネス専攻へ専門を変え、カリフォルニアにある大学院でビジネスを学ぶ。しかし、心の中で抱いていた夢が捨てきれず自分探しをするための旅でアメリカ・セドナを訪れた。その時、アニマルコミュニケーターと出会い、アニマルコミュニケーションの本場、アメリカで私の人生に取って大きな転機を迎えた。
 
セドナで出会ったサイキックリーダーに「地球からのプレゼントがある」と言われた後、日本でアニマルコミュニケーションを普及したい、動物たちの力になりたいと思い、2010年に日本へ帰国。
2010年11月より2013年04月までの約3年間、アニマルコミュニケーターの第一人者でこの分野のパイオニアであるペネロペ・スミス氏、ペネロペの教え子であるシャロン・ロイ氏、テレビ番組「志村動物園」でもおなじみのハイジ・ライト氏、ヨーロッパやアフリカで活躍しているアメリア・キンケイド氏に師事し、アニマルコミュニケーター育成のトレーニングをアメリカで受ける。
 
今もアニマルコミュニケーションのワークショップに数多く参加し,自分を磨いている。
 
動物の事を本格的に学ぶには動物の気持ちだけではなく、身体の仕組みなど色々な側面から知る事が必要だと考え、動物看護学校に入学。動物看護学校での勉強の他、一日8時間の動物病院実習をこなし、動物看護統一試験にも合格、はれて2012年3月動物看護士となった。
 
そして、2012年11月1−5日の5日間行われた、アニマルコミュニケーションの第一人者ペネロペ・スミス氏の最後のカウンセラーコースに参加した。
 

2013年、ハワイにてレイア高橋によりハワイアンネーム, Nonohinaを授かる。 

Nonohinaとはハワイ語でオロプアの木に咲く花で、無償の愛という意味。

すべての人と動物に無償の愛を注げるようにとこのハワイアンネームを授かった。

 

2013年6月より動物たちの心に寄り添ったアニマルコミュニケーションを提供しています。

 
現在、犬2匹、鳥10羽と暮らしている。
 

<資格>

  • 動物看護士
  • 直伝霊気療法士
<メディア出演>

FM-NIIGATA:Life is wonderland