倫理規定

Code of Ehics for Interspecies Telepathic Communicators

Formulated in 1990 by Penelope Smith

https://www.animaltalk.net

Our motivation is compassion for all beings and a desire to help all species understand each other better, particularly to help restore the lost human ability to freely and directly communicate with other species.

We honor those that come to us for help, not judging, condemning, or invalidating them for their mistakes or misunderstanding but honoring their desire for change and harmony.

We know that to keep this work as pure and harmonious as possible requires that we continually grow spiritually. We realize that telepathic communication can be clouded or overlaid by our own unfulfilled emotions, critical judgments, or lack of love for self and others. We walk in humility, willing to recognize and clear up our own errors in understanding others’ communication (human and non-human alike).

We cultivate knowledge and understanding of the dynamics of human, non-human, and interspecies behavior and relationships, to increase the good results of our work. We get whatever education and/or personal help we need to do our work effectively, with compassion, respect, joy, and harmony.

We seek to draw out the best in everyone and increase understanding toward mutual resolution of problems. We go only where we are asked to help, so that others are receptive and we truly can help. We respect the feelings and ideas of others and work for interspecies understanding, not pitting one side against another but walking with compassion for all. We acknowledge the things that we cannot change and continue where our work can be most effective.

We respect the privacy of people and animal companions we work with, and honor their desire for confidentiality.

While doing our best to help, we allow others their own dignity and help them to help their animal companions. We cultivate understanding and ability in others, rather than dependence on our ability. We offer people ways to be involved in understanding and growth with their fellow beings of other species.


We acknowledge our limitations, seeking help from other professionals as needed. It is not our job to name and treat diseases, and we refer people to veterinarians for diagnosis of physical illness. We may relay animals’ ideas, feelings, pains, symptoms, as they describe them or as we feel or perceive them, and this may be helpful to veterinary health professionals. We may also assist through handling of stresses, counseling, and other gentle healing methods. We let clients decide for themselves how to work with healing their animal companions’ distress, disease, or injury, given all the information available.


The goal of any consultation, lecture, workshop, or interspecies experience is more communication, balance, compassion, understanding, and communion among all beings. We follow our heart, honoring the spirit and life of all beings as One.


 アニマルコミュニケーションの第一人者でもあり、この業界のパイオニアでもあるペネロペ・スミスによって1990年に策定されました。

 https://www.animaltalk.net

 

********************************

 

水野篤児(ミズノアツコ)は異種間コミュニケーターとして、この倫理規定に賛同します。

 

********************************

 

私たちの目的は、すべての生きとし生けるものへ慈悲の心を持ちながらすべての種の生き物がお互いによりよく理解できるように手助けすることです。特に、人間が失ってしまった他の種の生き物たちと自由に直接コミュニケーションする力を取り戻す手助けをしたいと思っています。

 
私たちは、間違いや誤解を非難したり、とがめたり、正しくないと決めつけたりするのではなく、その方々が変化や調和、手助けを求めている気持ちを尊重します。

 

私たちのコミュニケーションを純粋で調和の取れたものに保ち続けるため、自分自身の絶え間ない精神的な成長が欠かせないことを理解しています。私たちは自身の満たされない感情や批判的判断、自分と他者への愛情の欠如がテレパシーコミュニケーションを不透明にしたり、意味を塗り替えてしまう可能性があることを自覚しています。他の方々(人も人以外の生き物であっても)のコミュニケーションを理解しようとするとき私たちは謙虚に歩み寄り自らの間違いに気づき解決していきます。

 

私たちは、仕事がより良い成果につながるよう、人、人以外の生き物、種を超えた生き物の行動や関係性についての知識と理解を深めていきます。思いやりの心、尊敬の念、喜びと調和をもって、この仕事を効果的に進めていくのに必要な教育や個人的サポートを受けます。

 
私たちは、相互の中にある最高最善を引き出し、他方からの問題解決を目指して、理解を深める努力をします。

 

手助けを求められたときのみ、ご本人に受け入れる気持ちがあって初めて真の意味での手助けができるからです。

 

私たちは他者の気持ちや考え方を尊重し、種を超えた関係の理解のために最善を尽くします。

 

どちらか一方を味方にするのではなく、すべての存在に深い思いやりを持って接します。私たちには変えることができないものがあることを認め、私たちの仕事が最も効果を発揮するところまで働きかけます。

 

私たちは飼い主と伴侶動物のプライバシーを尊重し、守秘義務を守ります。

 

私たちは最善を尽くしサポートしながら飼い主の尊厳を尊重し、飼い主自身が伴侶動物をサポートすることに対しても手助けしていきます。飼い主は私たちの力に依存するのではなく、自身の中にある理解力を高められるようにしていきます。

 

私たちは、他の種の動物である仲間たちへの理解と成長に関わる様々な方を提供します。

 

私たちは自分の限界をわきまえ、必要に応じて他の専門家の支援を求めます。病名の診断や治療は私たちの仕事ではありません。身体的な病気の場合は獣医師の診断を受けることをお勧めします。

 

私たちは、動物が表現したり、私たちが感じたとおりに動物の考え、感情、痛み、症状を伝えます。これは動物の医療関係者にとって参考になることもあるでしょう。

 

私たちはまた、ストレスへの対処、カウンセリングやその他の穏やかなヒーリングによるサポートも行います。

 

私たちは動物たちから得られた情報をすべて考慮したうえで、伴侶動物の苦痛、病気、怪我にどう対処していくのかクライアントご自身の判断に委ねます。

 

相談、講義、ワークショップ、種を超えた生き物同士の経験の目的は、たくさんの会話、調和、思いやり、理解、交流をすべての生きとし生けるもの同士の間で深めていくことです。

 

私たちは生きとし生けるものすべての魂と命を一つのものとして尊重しながら、自らの心に従っていきます。

 

(訳:水野篤児)